家族葬が選ばれる理由とは

家族葬が選ばれる理由とは

家族葬を選ばれる方は年々増えている傾向にあります。これは、時代の移り変わりとともに人々の価値観も大きく変化してきたためで、家族やごく親しい人に囲まれてより自分らしいお葬式にしたいといった考えが主流になりつつあると言うことができます。一般的なお葬式には多くの方が参列するので、遺族の方はその対応に追われてしまいがちですが、家族葬はごく親しい限られた人が集まりますので、そういった負担を軽減することができます。また、形式にとらわれることなくお葬式全体をアレンジすることが可能ですし、余計な出費を抑えることも可能です。こういったさまざまなメリットがあることからも家族葬を選ぶ方は年々増加傾向にあるといっても過言ではありません。

また、家族葬は今流行りの終活でも選ばれる方が少なくはありません。バブルの全盛期の頃はお葬式に限らず何をするにも派手さや豪華さが求められていましたし、お葬式における参列者数も多い方が良いとされていました。しかし時代は移り変わり今は本当に心からお別れをしたい人だけに来てもらいたいと思う人が増えてきました。今までは自分が死んだ後のお葬式の具体的な内容を考えるといった人はそう多くはありませんでしたが、子供やその他親族の負担を少しでも軽くしたいという人が増えて終活といった新しいスタイルとともにお葬式のあり方についても問われるようになったと言えます。

家族葬は参列する人の人数によって葬儀場はもちろん自宅で行うことも可能ですが、会社関係の人を呼ぶとなると、それほど面識がなくても呼ばなくてはなりませんし、参列者が多い場合はそれなりの大きさの葬儀場で行わなければなりません。そうすることによって費用はどんどん増えてその分気を遣う場面も多くなると考えられることから、自分が亡くなった後に多くの費用をかけるといったことに抵抗を感じる人が増えたというのも選ばれる理由のひとつです。

昔のお葬式では考えられなかったようなスタイルとも言える家族葬ですが、それがどういうものなのか具体的にわからないという人も多いと言えます。供花をたくさん飾ってより多くの人に見送られる一般的なお葬式と比べると中には地味で寂しいイメージを抱く人もいることでしょう。バブルがはじけて不景気を経験した現代に生きる人々から多くの支持を得ている家族葬とは一体どういうものなのかを知るためにも、家族葬の流れやメリットそして気をつけるポイントなどについて知識を身につけておくことをおススメします。

INFORMATION

2018年08月09日
ホームページを更新しました。